Prism Sound Orpheus

2009年09月12日

要石15・機器用ブースターは雲泥クラス!

P1010140先月は、デモ用の要石15・機器用ブースターをプリとオルフェウスへ各1個接続し、その要石15個分の凄さに圧倒されてしまいましたが、ここ最近の熱さと子供の運動会の観覧で、夜は体がくたくたで、デモ用をお返ししてから、一ヶ月ほど、音も聞き込めない状態でした。
要石15・機器用ブースターがやっと増産されたP1010141ようで、やっと2個到着し、プリとオルフェウスへ各1個接続してみました。
いや〜凄い効き!この音を聞いたら、ノーマルの音では、まったく我慢ができません。次から次に音源を聞きたくなります。
人間の耳の感度は本当に凄いです、一度聴いた音より、少しでも悪くなると、悪い音では、拒否反応がおこります。
これで、やっと秋の夜長に、音楽に浸れます。
あまった要石を接続させると、もっと化けるかも知れませんが、標準状態でも雲泥クラスです。
超結界3個も効果を発揮していますが、本体に効く要石15・機器用ブースターの効果の方がより本質部分に効いています。
ある人に訊くと超結界3個はあくまで車用なので、オーディオ使用は想定外だそうです。
当方の場合、要石15・機器用ブースターを装置に効かせてから、SPよりの音波に超結界3個を効かせたら、音の響きが絶妙で、これがまたたまりません。

p-0692925 at 00:41|Permalink

2009年06月15日

Orpheusとプリアンプのヴォリューム5

P1010030プリのヴォリュームとのマッチングがとれず、いろいろ悩んでおりましたが、手元に2極フォーンからRCAメスの変換プラグがありましたので、オルフェスに挿してそこから先は愛用のGE3銀蛇のRCAケーブルを挿してみました。
プリを通して再生した所、いつものヴォリューム位置に音が戻り、結果音量調整の問題は解決しました。
この変換プラグがあれば、いろんな種類のRCAケーブルが使えるので、音色の調整に便利です。これにて一件落着です。


p-0692925 at 22:11|PermalinkComments(0)

TC Electronic  Level Pilot3

P1010023音量調整はデジタル出力はそのままで、後段でアナログにて調整した方が良いとのことで、TC Electronic Level Pilotを試してみましたが、プリを通した方が、細部のフォーカスがあったままで力強く再生されるようで、Level Pilotを通すとひとつかすみがかかったような音となりました。今日のところは、2極フォーン→RCAでプリを通す音が一番と言うこととなりました。
P1010024OrpheusはOUT出力は+4dbと−10dbの2種類が選べますが、音は+4dbの方が力強く、0dbあたりも試せると良いのですが、現状+4dbでは、プリのヴォリュームが今までの半分の回転で良く、まわししろが少なくなるのが、気がかりです。
前面パネルのFPメーターの輝度は落とした方が音質が良いと情報を頂いたので、調整はMINを選びましたが、P1010028前面パネルの輝きはまったく変わる事がありませんでした、この件はミックスウェーブにも問い合わせていますが、確認して見るとのことで、未決となっています。
3極フォーン→RCAのコードも試してみたいですが、これは自作しかないようです。
それとCubase ST5の ドライバー選択画面を良くみたら、Orpheus ASIO ×64 Driverの表示があり、これは64bitドライーバが対応しているのかも知れません。
今日の所は音質の前進は出来ませんでした。
ヴォリームコントロールで純度を上げる方法としてSPL Volume2はバランス入力可能ですが、音質が良くなければだめですから、あくまでも試してみないと効果のほどがわかりません。

p-0692925 at 00:02|PermalinkComments(5)

2009年06月11日

Prism Sound Orpheus5

82c00ce1.JPGきささんにGE3値をお聞きした所、126PもGE3値があるとのことで、限定特価品に目がくらみ、本日到着しました。
現在使用中のVISTA64bitにも対応している64bitドライバーで動作している124P、GE3値のFireface400も絶好調なのですが、上品で上質であると評判のPrismSound Orpheus、さあその音質はいかがでしょうか。
機能、音質、すべてにFF400を上回りそうですが、気がかりが、一点ほどあります。
ドライバーがどうも純然たる64bit用では無いとのことで、国内ディーラーから本国へ完全対応64bitドライバーの開発を、お願いしているそうなのですが、まだ間に合って無くて、Windows7の発売時期には完全64bitドライバーがでるだろうとのことです。まあここのところは必ず良くなるだろうと、しばらく我慢して待つこととします。
2極フォノ→RCAケーブルの到着がまだなので、デジタル同軸出力でDAC64MK2を通した音の比較となります。
一聴して、端正で上質上品な音です。FF400はすべてOS(VISTA64bit)、再生ソフト(CubaseST5)、FF400ドライバーすべてがVISTA64bit対応なので、ダイナミックさはFF400の方があるようですが、 Orpheusはなんとも上質上品な音の香りがします。
今日はもう遅くなったので、明日またゆっくり聴いてみますが、200Vコンセントの増設完了次第、200Vドライブの楽しみと、雷智3のダブル取り付けもありますので、まだまだ先があると思います。


p-0692925 at 00:16|PermalinkComments(9)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: