SAAB

2010年09月23日

SAAB 9-5 AERO & BSR PPC

P1010456高速走行で、もっと安定して走りたいので、パワーを求めてみました。
室内にあるダイアグノーシス端子へ接続するだけで、252psから273psへ20psもパワーアップができるBSRのPPCです。
円高の折、本体と送料が¥70698で、受け取り時に消費税が¥3300、合計¥73998でしP1010454た。
これで簡単に20psアップは安い!
元の設定に戻す時もPPCをつないでやれば簡単に元に戻せます。
実際の走行でも、ストレス無しの高速走行ができ、アクセルの踏み込みも少なくなり、燃費もノーマルより、良い感じです。
助手席の家内も、加速した時など、以前に比べてガーンとシート側へGがかかること無く、安心して乗っていられるとのことです。
全体のトルクも上がっていますし、パワーの余裕は、高速走行で、絶対の安全を与えてくれます。



p-0692925 at 22:16|PermalinkComments(0)

2009年08月16日

SAAB 9-5に超結界3個5

saab昨日の話ですが、広島まで、買い物に行く事となり、早速試せると、超結界3個の出番となりました。
オーディオ用でも2個と3個の違いは想像以上で、部屋のエアボリュームがバンと膨らんだ感じとでも言いましょうか、音の実在感がたまりません、これで室内も3個外せない状態となっています。
SAABでお出かけの時は超結界と雷智3のセッティング超結界3個の儀式がありますが、家内が出て来るまで、いつも時間がかかりますので、丁度その間の作業に、もってこいです。
裸のままでは小傷が付くので、まずは超結界3個をそれぞれ、100円均一の巾着袋へ入れ、ちりめん小風呂敷で包み、車内へ持ち込みます、そこでちりめん小風呂敷をとき、動作を解放してやり、助手席前のグローブ雷智3ボックスへ3個重ねてセッティングです。
車のバッテリープラス端子には雷智3が1個常駐していますが、SAAB使用時はフューエルパイプのインラインへ雷智3を2個ほど追加でセッテイングです。
いつもは超結界を2個乗せているのですが、今回からは念願の3個使いです。
超結界を2個乗せた時は、効果が効きだすのに、20分くらい車の挙動がぎくしゃくしているのですが、3個の効きは早いです、即時効いてくる感じです。これなら、超結界を1個常駐させて、使用時2個持ち込もうと考えていましたが、使用時3個持ち込みでまったく問題無いです。
徳山東インターから山陽道に乗り、廿日市インターで降りるコースで広島市基町を目指します。
まず高速に乗って最初に感じた事ですが、いつもよりかなり車内が静かになっています、なぜか超結界は空力に影響を及ぼすようです。
ノーマルダンパーより少し固めのKONIのFSDを装着していますがダンパーの戻りがスムーズでショックの吸収がうまく行われているようで、乗り心地もアップしています。もちろんダンパー取り付け部はヒグラシで強化しています。
お盆の15日は高速上り線もそこそこな交通量なので、限界速度あたりは試す事ができませんでしたが、○20〜○70位の速度領域は空気抵抗感も無くスムーズに直進して行きます、とにかく運転が楽ですね。車の直前の空気の壁が一枚剥がれたスムーズさです。前が開いている所で、ベッタリ最高速あたりの安定度を確認したいところですが、あっという間に、降車インターに到着し、広島基町まで55分で到着です。
帰りも上り線の渋滞を横目に走って帰りましたが、超結界3個は2個のプラス1個ですが、効果は2倍くらい違うと思われるほどすばらしい効きで、特に高速域のスムーズさは特筆ものです、室内オーディオ用と車で、両用で使えるという、十分なパフォーマンスを与えてくれます。




p-0692925 at 21:55|PermalinkComments(0)

2009年08月02日

アコーディオンガレージ5

BlogPaint半飼い猫で、ご近所猫状態の猫が車の上に上がりたがるもので、爪痕の掃除にくたびれ、話してもわかる相手ではないので、横から入る雨よけをかねて、カーポートの中にアコーディオンガレージを設営いたしました。
2,3日前から少しずつ組立てており、本日は日曜日で、昼から最後のテント掛けと、細部の調整、土台のくい打ちを施工しました。
BlogPaint車庫に滞在の時間が長い車で、過保護状態ですが、とりあえず施工終了です。
乗車時は奥までスライドしてから乗り込む必要がありますが、レールもまたげるので、ハンドルの切り返しも問題無く、想像通りの使い勝手でした。




p-0692925 at 19:02|PermalinkComments(2)

2009年05月10日

SAABに雷智35

燃料パイプへ雷智3昼から天気も良いので、魅惑の里へ行こうとSAABで家内と二人でドライブです。
堺の翁さんが雷智3のパワーケーブルへの2箇所使いは相当レベルが上がるとの情報を頂き、モノパワー×4台とプリには機器の直前と1M位後ろへダブルで雷智3を装着し、効果の凄さに戻すことが出来ずにいたのですが、さらにアンプの天板をめくってパワートランスあたりバッテリー+−へ雷智3に装着するともっと凄いとの情報は頂いているのですが、アンプの天板のストンヒーラーのバーガーを除ける作業があるので、今だ確認していません。
本日のドライブに、パワーアンプの2個を外し、エンジンルームのエンジン噴射口に近い燃料パイプの送りと戻りのパイプを2本束ねて、雷智3をセットし、もう一個は、車へ常設のバッテリーのプラス端子の反対のマイナス口へ装着して見ました。燃料パイプへの雷智3の取り付けはアルミテープなどで耐熱対策をしエンジン直近を考えていますが、今回は熱の影響の少ない少し離れた所としました。
室内より超結界2個を助手席ダッシュボードへ積み、まずは吉和SAを目指し出発です。
週末しか乗らないSAABなので、いつも最初の1時間位は各部のなじみが今一歩です、常時超結界を1個車に残せたらここら辺も改善出来るのではと思いますが、室内での2個使いを優先しているので、いたしかた在りません。燃料パイプへの雷智3の取り付けの効果は、エンジンの燃焼がシルキーになり、パワーの荒さが取れる感じがします。雷智3のバッテリー端子への効果は一番にはカーステの音質が良くなることと、プラグの燃焼にも効果があり、エンジンがパワフルになることです。これは簡単に付けるだけの作業なので、車への使用もぜひ試してほしいですね。
吉和SAで休憩中、どこまで走っても¥1000なので、少し足を伸ばし、前から一度行ってみたいと思っていました、神楽門前湯治村へ行くこととなりました。3時頃に到着したので、神楽ドームでの本日の神楽は終了で、急ぎ風呂に観客が流れるのではないかとこちらも急ぎ天然ラドン温泉へ向かいましたが、番台のおばさんが、ほとんど風呂には流れて来ないとのことで、久々に、広々とした風呂で1時間半ほどくつろぎ、帰路につきました。こちらの施設は本当に良い施設で、次回はお昼頃に到着するようにして来たいと思いました。行きは鹿野からの中国道でしたが、帰路は最短距離の山陽道で、140kmを1時間20分位で帰ってきました。
高速がETCで¥1000になり、高速に慣れていないドライバーがべったり追い越し車線を走られるのには、困りますが、GE3チューンのSAAB 9−5 AEROは限界スピード領域まで安定して軽く加速するので、高速が楽で楽であっという間に帰ってきました。これからSAABでお出かけの時は室内の雷智3を持ち込むか、新たに車用の増設を考えないといけません。
室内オデオは雷智3のダブル使用でほぼ峠を越した感がありますが、次回はアンプの天板をはぐりパワートランスへの雷智3効果の検証が待っています。
雷智3は使い所が多くて何個あってもたりませんので、雷智3のお徳用セットをお願いしていますが、そろそろ出て来るかも知れません。


p-0692925 at 21:07|PermalinkComments(0)

2009年04月12日

SAAB 9−5 雷智35

バッテリーに雷智3雷智3の車での効果ポイントは電源と燃料系の二箇所だそうです。
ボンネットを開けたらすぐわかる、バッテリーのプラス端子から出ているケーブルへ雷智3を取り付けてみました。
もう一つの取り付け所として、燃料フィルターからエンジンの燃料噴射口のなるべく近い取り付け可能場所にも装着したいのですが、これは自分の判断では、どこのパイプかわからないので、後日見てもらってから取り付けたいと思います。
バッテリーのプラス端子からは、車用脈々のケーブルやCellExertModuleのケーブルなどもあり、5本のケーブルを巻き込んで取り付けてみました。
昨夜から腰に痛みがあるので、高速で3区間ほど走り湯田温泉まで行くことにしました。
超結界は乗るときだけ、室内から車に持ち込みダブル使用ですが、乗り初めはいつも目覚めが悪くて、ぎくしゃくした走りです。
まず感じたのは、カーステの音にはあまりこだわりが無いので、ドノーマルですが、いつもの音より分離と定位がはっきりして、明らかに心地良さを感じます。
いよいよ高速ですが、さすが1000円効果で、普段の2倍位は交通量が増えている感じです。
追い越し車線が開いた所で、べったり踏み込んだところ、いつもの加速よりも明らかにパワフル、2○◎までの到着時間が早くて、短距離で達します。
後は小郡インターまで、ゆっくり走りました、、ウソです、、、GE3チューンの車に乗ってゆっくり走るのはつらいので、白や二色のクラウンに気をつけながら、流れに乗って走りました、ある程度各部がなじむまで時間の経過が必要ですが、効果の凄さは体感できました。
ユーミン追伸、本日のドライブのお供はユーミンの新譜です、4曲目のFlying Messengerから5曲目の加藤和彦とのデュエットで乗りの良い、黄色いロールスロイス、6曲目のBueno Adiosと聴ける曲が3曲あり、全体を通しても
ひさしぶりに聴けるユーミンとして、お勧めしたいと思います。
何せ、かみさんは若いころ夢中で追っかけていたそうで、ユーミンを鉛筆で書いたデッサンをユーミンに見てもらいツーショットでの写真が今でも飾ってあります。(笑)


p-0692925 at 18:05|PermalinkComments(0)

2009年04月05日

GE3 新速瀬5

天気も昼から回復してきたので、徳佐のしだれ桜を見に行ってきました。
旅のお供にGE3の新速瀬を1本投入して見ました。雷智3も考えたのですが、一緒に施工すると効果のほどが良くわかりませんので、雷智3は次回に見送り、新速瀬のみの確認としました。
速瀬SAAB 9−5には旧速瀬を以前1本投入していますが、ボンネットを開け、サブタンクの方へ新速瀬を1本ほど追加の投入をして見ました。
ここ2ヶ月ほど、SAAB 9−5で遠出することも無かったので、徳佐までの1時間あまりのドライブでは、何か車の各部の反応が悪く、部屋から持ち込んだ、超結界ダブルの効果をしてもぎくしゃくした動きのまま徳佐に到着速瀬しましたが、エンジン音は暖機して、速瀬が循環しだすとだんだんと静かになってきました。
今年はどこも開花が早かったようで、徳佐のしだれ桜も満開の時期は少し過ぎて葉桜へかわりつつある状態で、広場に植えてある、そめいよしのは今が満開の時を迎えていました。
その後、いつも行く願成就温泉は通り過ぎ、津和野の徳佐のしだれ桜はずれの道の駅のなごみの里で一風呂浴びて、帰りました。
帰り路では、車の各部も暖機が終わったようで、行きとはまるっきり別の走りで、新速瀬のフィールドがエンジンを包み込み、超結界ダブルのなめらかさで、ファントゥドライブで帰ることができました。
さすがに、日頃乗ってない車は目覚めるのに少し時間がかかるようです。
オーディオ用に超結界2本を室内に取り込んでいるので、いたしかたありません。




p-0692925 at 22:05|PermalinkComments(0)

2009年03月22日

冬タイヤの交換

ホイール修理サマータイヤのホイールのフランジに20センチほどのガリ傷があったのですが、ホイール専門の修理店へ送り修理してもらい、2週間ほどで戻ってきました。
全体の塗装がされたようで、完璧な修理状態で、組み替えバランス込みで¥17350でした。
我が家の駐車場には、1年ほど前から、野良猫兄弟が居座っています。
兄弟 野良猫生まれた時は3匹兄弟で、母親と同系の黒猫がいたのですが、車にひかれて今は同系の2匹兄弟となっています。
ご近所でエサを与えている地域猫というやつで、我が家でもキャットフーズを与えているので、車の出入りの際は、いつもお迎えに2匹がやって来ます。
猫は癒しですね。




p-0692925 at 17:21|PermalinkComments(0)

2008年11月13日

KONI FSD5

417d0aca.JPGショックアブソーバーの交換のため、純正のパンプラバーとベロースカバーが1ヶ月ほどかかり到着したので、11月6日にPartsForSaabs.com.KONI FSDショックを発注し、6日ほどかかり昨日到着しました。送料込みで£509.80で、受け取り時、通関料と消費税を合わせて¥1900ほど郵政公社へ支払いました。
円高なので、以前より¥2万ほどお安い値段となっており、明日には、会社の車をメンテしてもらっている個人で受けて整備してくれる方に家のガレージで、交換してもらう予定です。
これで高速コーナーも、安心して踏ん張れるかな〜と期待しています。
SAAB 9−5も9万キロを越えているので、ここらが替え時でしょう。
超結界も2個積みの安定性能を体験すると、元の1個積みではものたらなくなっているので、早く3,5個の超結界バージョンアップ仕様が発売されるのを楽しみにしているのですが、1個と2個では、トルクが違うのと、とにかくスムーズなので、良く回るエンジンに合わせて走ると、足回りが不安になって来ます。
超結界バージョンアップが近日中に、行われるでしょうから、ショックアブソーバーを換えて、楽しみに待つこととしました。


p-0692925 at 23:26|PermalinkComments(0)

2008年11月03日

ダブル超結界5

3b99ab29.JPG今日は、紅葉狩りに行こうと、中国山脈、吉和の魅惑の里をめざして、片道1時間ちょっとのドライブです。
子供3人はそれぞれ、用があるので、行かないとのこと、本当、親についてくるのも、小学生までで、夫婦二人での紅葉狩りです。
そこで、ダブル超結界の出番です。フェラーリレッドバージョンはいつも車に乗せたままなのですが、室内で使用のニスバージョンを車に持ち込み、効果のほどを試してみました。
助手席前のグローブボックスへ2個つみ、さあ出発です。
いつもより軽い滑り出しで、発進して、何か抵抗値が低くなったようなスムーズさです。ATのモードは通常ノーマルなのですが、パワーモードを選ばなくても、トルクフルに、静かに加速します。これは、燃費にも有効です、山間部のアップダウンもノーマルモードで過不足ありません。さて高速走行ですが、これまたフラットに吹き上がり、空気抵抗が一段と少なくなっているような静かさです。
今回のダブル使いの効果は確かに体験できました。
3個、5個にすると路面がツルツルになって走っていくと、きささんが言われていますが、この現象を今の効果から自分なりに推測すると、空気抵抗がなくなり、リニアモーターのような走りになるのじゃないかと妄想しております。
GE3は奇数個使用がいつも凄い事になるので、3,5個の超結界という贅沢な使用を一日も早く体験してみたいと思う2個使いの効果でした。


p-0692925 at 19:00|PermalinkComments(2)

2008年04月20日

SAAB 9-5 オイル交換

9−5オイル交換 きょうは、半年のオイル交換の整備です。
前回入れたのと同じ銘柄のMOTUL2100 POWER LIGHT(10W40)という半化学合成のオイルです。
こちらが無くなったら、倶楽部員の
RESPO OIL R type 10W-50も試して見たいですね。
今回オイルドレンパッキンも純正を取り寄せたのですが、少し内径が大きく遊びがあったので、先についていたのを再利用です。本来は新しいのと交換した方が良いのでしょうが、まあ普通に締め込んでおけば大丈夫でしょう。次回は純正プラグも手配しておきましょう。
営業車は1ヶ月〜2ヶ月にはオイル交換の必要があるので、、ドレンコックをつけて、レバーをたおすだけで、オイル交換ができますが、SAABは半年に一度の交換なので、手間をかけてあげます。
他も一緒に点検したのですが、ワイパーのゴムが裂けていたので、週明けには、ゴムだけ手配して、交換しようと思います。
9−5も購入後、半年たちましたが、今のところ大きな故障はありませんね。

p-0692925 at 19:08|PermalinkComments(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: