音楽

2010年05月01日

ZOOM Q3

P1010315前から気になっていました、ZOOM Q3です。
動画と一緒に音も流せますので、どんな事になるのか、導入してみました。
ELACから流れるCDをソファー前のテーブルの上からの録画で、音声はPCM 44.1KHZ 16bitです。曲はSARA TAVARESのEXALA。

You Tubeにてアップして貼り付け、何度か再生して音を聞いて見ましたが、かなり良い音質でした。
ライセンスの問題があるので、削除しましたが、次回はライセンスに問題無い録画をアップする予定です。




p-0692925 at 23:28|PermalinkComments(0)

2010年01月09日

Beatles USB

P1010300年末に購入したのですが、このままではCUBASE ST5では聞けないので、FLACからWAVEに変換するソフトは何が良いかと検討していました。
業務用ソフトの能力も気になっていましたが、FLAC frontendにて変換することにしました。
24bitに変換したWAVEをCUBASE ST5で再生するのですが、鮮明に昔の記憶と共にBeatlesがよみがえってきます。小学6年生の頃にBeatlesファンの友人より教えて頂き、なみうつLPのノイズまじりの音を聴き入った覚えがよみがえります。
特にBeatlesのファンでもありませんが、それでも当時買ったLPが2,3枚は倉庫で眠っています。
今までの、LP、CDの感覚からしたら、24bitのおかげで、鮮明に個別の音が立ち上がり、目から鱗で、楽しめます。

今年一番の楽しみは、オルフェウスも使えるとのことなので、俄然Ubuntu Studioが気がかりになり、サーバー用のPCを導入して、そちらへUbuntu Studioをインストールして楽しもうと画策中です。

p-0692925 at 23:09|PermalinkComments(6)

2007年05月13日

ゴウドさん新SPユニットと倶楽部員SP台5

サーブ西日本ミーティング今日はサーブ西日本ミーティングが宮島であり、参加の帰りにゴウドさんに作成して頂いた、倶楽部員SP台を取りにゴウド邸へ訪問となりました。
ゴウドさんもやっと本命の倶楽部員SPユニットに巡り会えて、何かふっきれた様にエネルギーもりもりでした。
さっそく、倶楽部員SPユニットをノーマルの置き台から聴かせてもらい、倶楽部員SP台に差し替えた時、あまりにも激変でしたのでSP台の重要性を改めて確認できました。こんなに材料費が安くて高性能のSP台をきささんが公開されたので、安く仕上がった予算で大地を購入して使うのがおすすめですね。
ゴウドさんのSPユニットは音圧、音の奥行きも十分で本格GE3チューンはこれからなので、素の倶楽部員ユニットがどこまで化けるか楽しみです。

倶楽部員のSP台はさっそく乙に使ってみましたが、激変でした。前後、左右の広がりが深まり、65センチの高さも丁度良く、乙の能力が数段あがりました。

倶楽部員SP台実はELACのSP台として倶楽部員SPを大地と併せて試す指令がゴウドさんよりでていたのですが、2,3日前に仕込んだ、フルストヒバーガーとストヒルームチューンの礎ざさえが、昨夜少し聴いた時、もりもりとパワーアップしていたので、ゴウドさんしばらくELAC使いのレポートはお待ちくださいね。(笑)



p-0692925 at 23:07|PermalinkComments(4)

2007年04月08日

地鎮(チシズメ)のバーガー5

a36ba68f.JPG今日はゴウドさんのTQWT方式のSPを聞きに広島まで、遠征してきました。
SPより奥に音が展開されて、クラッシックの奥行きが良くわかる、ピュアな音でした。
ジャズはエネルギーが不足ぎみでしたが、用意された2発組に変更すると、グット前に迫る音になりました。定位に関しては1発の方が、すぐれていて、これからのゴウドさんのテクニックで、その当たりは克服されると思います。
当方は、Ge3グッズだのみなので、ゴウドさんの姿勢にはおそれいります。

当方の試聴室と車に積んでいる、地鎮(チシズメ)のバーガーのことを思いだし、車のリアシート下より取り外し、ゴウドさんのSPの間に設置してみました。音の重心がさがり、解像度もあがり、効果のほどがこちらでも実証されました。
地鎮(チシズメ)バーガーは地鎮(チシズメ)2枚の間に銅板と木材を挟み込み、地鎮(チシズメ)1枚の作用をもっと強力にしてくれます。挟む順番は、銅板を下にして上に木材を挟んだ方が、安定感があるようです。
本来単体での地鎮(チシズメ)も上下の置き方で、音が変わるので、実際検証して上下を決める必要があります。
画像の室内の地鎮(チシズメ)バーガーは載せてあるだけなので、いろいろ組み合わせをつめて検証してみることもできます。
車での作用は、地鎮(チシズメ)1枚よりさらに安定し、駆逐艦から重巡にかわった様な安定感がえられます、青Qを塗ったタイヤのグリップの安心感と合わせて、
高速走行がとっても楽になります。
車と室内の地鎮(チシズメ)バーガーはお勧めのGe3チューンです。




p-0692925 at 22:32|PermalinkComments(2)

2006年12月26日

ELAC CL330.3JET5

618cff51.JPGチタンシャドウが国内用なのですが、どういうわけか、シルバーバージョンの本体とチタンシャドウのスタンドが届きました、さてどちらにしょうかと、とりあえず開封してみました。シルバーは、別に注文しないと入荷しない物でもあり、何かの縁でしょう、シルバーに決定です。スタンドはシルバーに合わせて、シルバーと交換してもらわないといけませんが、ユキムさんに明日電話してみます。
乙が繋がれていたサブ用のサンスイAU−α607L EXTRAとパイオニアPD-5000のシステムにさっそくつないで、音を出してみました。
最初は低音がボンボンと鳴り、全体に靄がかかった様な音でしたが、時間の経過ととも、全域、制動のとれた、スピードのある音に変わってきました。
スタンドは、本日組み立てができませんでしたが、小型2WAYですが、10畳ほどのスペースで鳴らすのに、十分な音圧も得れますし、とにかく音にスピードがあり、想像どおりでした。アポジーと比べるとアポジーの方が、大らかな感じですが、好みで、繋ぎかえるとよいですね。



p-0692925 at 23:44|PermalinkComments(2)

2006年12月11日

11年目で故障5

e52bcb62.JPGオーディオの音より開放され、音楽鑑賞システムとなり、ソフトを選ばないシステムが完成したのですが、11年目のプリからブーンとノイズが発生いたしました。よく11年間通電状態で、がんばってくれました。年数からして、そろそろ部品が逝くのも仕方ないでしょうね。装置を換える必要はまったく感じませんので、もちろん修理です。
早速修理に出しましたが、サブの乙を久しぶりに聞くと、これが中々聞き応えがあります。ストヒルームチューンで部屋の環境が影響しているようです。
プリが修理より戻るまで、しばらくはこちらで楽しんでおります。


p-0692925 at 22:26|PermalinkComments(1)

2006年07月13日

DAC-1が届きました

256d1dc3.JPG 実は9日に到着しましたが、エージングをしてから、DAC64MK2と比較したかったので、あえて公表しなかったのですが.....単品のDACとしてはDAC-1のCPは非常に高いのですが、当方の好みである低中域の押し出しがDAC64MK2のほうが勝り、DAC-1はフラットな音の出方で、アポジーとのマッチングでは、DAC64MK2の方がベターでした。残るはCRV-555で、直にロックをかけた音に期待を残しております。
オーディオのむずかしい所で、それぞれの装置、条件、環境の異なる中で、いかに調整していくか、押したり、引いたりで、今回の当方の条件には、DAC64MK2の方がマッチしていたと言うことで、他のシステムでは、DAC-1の方がベターかも知れません。今回ゴウドさんの持込みのソフトンも球の音が出て暖かみのある音でしたが、DAC64MK2がやはり3機種の中では、一歩抜きん出ておりました。
X-01はABS-7777で176.4でロックさせて効果が出ているのですが、デジタル出力は44.1しか出ていないので、ABS-7777とCRV-555で直にDACをロックした時の効果が楽しみです。

p-0692925 at 23:35|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年02月03日

頭がとろけます5

d9d2a986.JPGanna maria jopek/BOSA 幻想的な声で、頭がとろけます。エンヤのAmarantineはすぐ飽きましたが、こちらの方が良いですね。女性ボーカルファンにおすすめします。

p-0692925 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: