2012年11月18日

GGE3『もあれ』をSPダンパーへ塗る+『芋蔓DQ』をSPユニット端子へ半田付け!

P1010117GE3『もあれ』をSPのダンパーに塗るため、ELACの開封作業を行い、あわせて、芋蔓DQをSPのユニットへ半田で直付けの作業も実行しました。
けっこう時間もかかり、5時間は費やしてしまいました。
ELACの裏には大きなバスレフダクトがありそこに芋蔓DQを通しSPユニットへ半田で直付けです。
中のユニットから外部SP端子の線はそのまま残し、箱の外のSP端子へは、要石15がそれぞれぶらさがった状態であります。

P1010125メインの中高域の音が出るELAC JET靴呂気垢に分解できませんので、表面への『もあれ』施工だけですが、芋蔓DQ直結の効果か、SP内部ダンパーへの『もあれ』の効果か、両方の合わせ技でしょうか、ためがいっぱいになり、ゆっくり音が出ます、そのピュアな、一皮も二皮も抜けた音がまた、すばらし〜い。

しかしながら、本日は芋蔓DQ他、各部にストレスを与えていますので、その真価は、数日後また発揮してくれるでしょう。

P1010115あちこちから剥がした8枚の超結界機器用を内部の底面の四隅に貼りましたので、近々に届く、超結界機器用F1のSP上部へのトルネード貼りは、その時のお楽しみに残しておきます。



p-0692925 at 22:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: