2011年04月23日

スタック電子の終端器とインピーダンス変換器

P1010442御田さんが紹介されていた、終端器とインピーダンス変換器を取り付けてみました。
10MHZからは50Ω出力で、そこにAET SIN(75Ω)でOCXへ接続していたのですが、50Ω→75Ωのインピーダンス変換器を取り付け、OCXとオルフェウスのそれぞれのクロックスルー端子へ75Ωの終端器の取り付けです。
よりはっきりと見通しが良くなり、よりきっちりとした音が出てくるようです。
ここ最近はNASからの再生音もaudirvanaのおかげで、とても良く、CDをiTunesへの取り込み作業に追われています。


p-0692925 at 23:26│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 新川雅之   2011年10月06日 09:13
スタック電子の新川と申します。
弊社の製品をお使いいただき、誠にありがとうございます。
今後も皆様のお役に立てるべく、より一層の改善を重ねてまいりたいと思います。ご意見、ご要望等お寄せくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
2. Posted by ニコニコ   2011年10月06日 10:11
5 わずかな事ですが、正しいマッチングを取れば、良い結果がでました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: