2008年01月14日

ONKYO TX-SA605-S5

b504d556.JPG片付けも終わっていない状態ですが、IMAGE−12はリアの棚の最上段とソファーの前方左右へ木製のSP台で設置。ONKYOのアンプはサンスイのアンプの所へ、納め、4本のSPを、4Ω、バイアンプで接続、X-01のリア出力をONKYOの入力へ、フロント出力は、ムンドのプリへ、音出しは、長岡京室内アンサンブルで確認、調整。
このソフトはサラウンド・バランス・テストが付録しているので、大変助かります。
AVアンプの中はまだ手を入れていませんが、GE3対策は、電源コードに三丸ケブタ、リアには脈々、鼓筆をさしております。
ONKYO TX-SA-605-S
臨場感がすばらしい、2CH再生とはまた次元が異なる音世界です。2CHで聞き込めないソフトも臨場感で、そこそこ楽しめます。
DAC64MK2は耳あたりが良くて、骨太音で、2CH再生はもっぱらDAC64MK2なのですが、SACD再生では、X−01の内蔵DACに頼るほかなく、厳密に比較すると内蔵DACの音は今一歩です。しかしそのハンディを踏まえても、SACDマルチの再現性は、新世代CD再生と言うにふさわしい内容でありました。
SACDプレーヤー、AVアンプ、小型SPを現行2CHのスシテムに加えるだけで、この音世界を手に入れることができるので、あとは好みのソフトの問題だけです。





p-0692925 at 18:46│Comments(3) SACDマルチ 

この記事へのコメント

1. Posted by ゴウド   2008年01月15日 18:11
5 検索してみると定価ベースでも安価ですね。それでもドッシリとした外観は素晴らしいです。音はどうかなぁ〜??? 今度行くときに聞かせてください。うちの方もそろそろ動き出さないといけないのですが...
2. Posted by ニコニコ   2008年01月15日 19:46
5 パナのアンプと一緒で、見た目以上に軽くて、中身はスットントンです。サラウンド用のアンプなので、十分なパワーです。フロントSPの音と比べてもつながりを含めて違和感はまったくありません。
リア用SP、アンプの質が高い方がもちろん良いと思いますが、サランド用スピーカーの4本をどこに配置するかの方が重要な再生のポイントとなると思います。
ゴウドさんは製作予定品がたくさんあって、どれから手をつけるか大変ですね。

3. Posted by ゴウド   2008年01月15日 20:39
5 >ゴウドさんは製作予定品がたくさんあって、
>どれから手をつけるか大変ですね。

はい、まずはメインのグッドマンの逆ホーンを進めています。次はアルテック604-8Gの逆ホーン リビングシステムの構築 松下の20促侫襯譽鵐元侫曄璽鷓鄒
 バッテリーハードディスクドライブの強化(バッテリー2個使い) ケンウッドLS11ケブタエッジ化などなどです。
今年一年では終わりそうもありません(爆)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: