2014年12月

2014年12月28日

GE3芋蔓DQ雲泥の驚きを上回る、GE3銀蛇LANケーブルの衝撃!

P1010321GE3の芋蔓DQ雲泥のバージョンアップが12月末までで、8M×4本ほど、バージョンアップを月始めにお願いし、やっと交換が出来ました。
何せ、ELACを解体してSPユニットへSPケーブルを直はんだ付けです。

今までの芋蔓DQとはまるで別物です。
パワーみなぎる、圧倒的な解像力、すばらしいです。

GE3でも、あまりの違いで今回の破格のバージョンアップ価格の提供となったそうです。
12月末までがバージョンアップの期限なので、皆さん、お忘れなく!

P1010330芋蔓DQ雲泥の検証が終わり、次に手元に届いた、銀蛇LANケーブルが2本、これを試すべく、ハブからQNAP、ハブからMAC PROへとそれぞれ接続しましたが、MACからNASが見えません。

GE3 の掲示板に銀蛇LANケーブルは100Mbpsの設定なので、ナスのネットワーク設定を100Mbpsにしないといけと書き込みがある事は知っていました が、当方の手順が悪かったですね、まず現行LANケーブルがつながった状態で、NASのネットワーク設定に入り1000Mbpsを100Mbpsへ先に変 更しないとまずい事に気づき、元のLANケーブルに戻し設定変更です。

MACの方も確認しましたが、こちらは最初より100Mbpsの設定なので、そのままでOKでした。

P1010332Audirvanaで再生させてみましたが、これが芋蔓DQ雲泥の効果を上回る衝撃!

プリアンプのヴォリュームに手をかけて回していく動作でその感触がいつもと違うではありませんか、静かにスーッと音が立ち上がります。
漆黒の闇より立ち上がる静けさを感じる音の立ち上がり、これがきささんが言われていた黒い音だと、再生の操作段階で違いがわかる音の浸透力でした。
P1010333芋蔓DQ雲泥も凄かったですが、銀蛇LANケーブルはMYTEK MANHATTAN DACの導入以上の効果で今までのGE3でも一番の完成度でした。

ネットワークオーディオ再生環境の人は、装置の入れ替えの前に、まずはGE3 銀蛇LANケーブルを1本ナスに繋ぐ事から考えた方が良いでしょう!

p-0692925 at 19:05|PermalinkComments(10)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: