2010年01月

2010年01月23日

Ubuntu Studio

P1010302HPのML115 G5ならUbuntuとのマッチングも問題無いとのことで、出入りのPCメンテ業者さんにUbuntu Studioを入れて納めてもらいました。
手持ちの1394 PCI拡張カードのデンノー MPFC-21を挿してもらいましたが、問題無く認識されています。
次に1394外部ドライブのプレクスター2もPCに挿P1010303してみたら、すんなり認識されました。
最終的に、にオルフェウスを認識させないと音出しには繋がりませんが、初めてのリナックス系のOSでもあり、当方の知識で、再生までたどりつけると良いのですが?
このサーバー用PCは電源を入れると最初はグォーンとファンが全開でまわりかなりうるさいですが、起動の後は静かです。我が家のPC置き場は別部屋の納戸なので静音性は問題無いので、安いサーバー用PCで、再生までたどり着ければそれで十分です。
オルフェウスでの音出しまでたどり着きましたら、ノーマル状態のPCなので、CPU、グラフィックボード、メモリーのグレードアップも考えたいですが、とりあえず、現状で、オルフェウスの認識が優先です。



p-0692925 at 23:22|PermalinkComments(0)

2010年01月09日

Beatles USB

P1010300年末に購入したのですが、このままではCUBASE ST5では聞けないので、FLACからWAVEに変換するソフトは何が良いかと検討していました。
業務用ソフトの能力も気になっていましたが、FLAC frontendにて変換することにしました。
24bitに変換したWAVEをCUBASE ST5で再生するのですが、鮮明に昔の記憶と共にBeatlesがよみがえってきます。小学6年生の頃にBeatlesファンの友人より教えて頂き、なみうつLPのノイズまじりの音を聴き入った覚えがよみがえります。
特にBeatlesのファンでもありませんが、それでも当時買ったLPが2,3枚は倉庫で眠っています。
今までの、LP、CDの感覚からしたら、24bitのおかげで、鮮明に個別の音が立ち上がり、目から鱗で、楽しめます。

今年一番の楽しみは、オルフェウスも使えるとのことなので、俄然Ubuntu Studioが気がかりになり、サーバー用のPCを導入して、そちらへUbuntu Studioをインストールして楽しもうと画策中です。

p-0692925 at 23:09|PermalinkComments(6)音楽 

2010年01月04日

初詣

P1010294あけましておめでとうございます。
毎年の恒例参拝です。
初詣に津和野の太鼓谷稲荷神社へ参拝してきました。
三が日最後ですが、閑散とした雰囲気です。
今年は良い年になること、お願いしてきました。

P1010297耳元でブンブンとうるさかったCD-Rをラックの下へ移動させました。
今年は電源ケーブルの龍隆への変更を圧着で一度にしようと思いましたが、現行の末端をコードコネクタボディ接地2Pに取り替えそれに取り替える方法なら、龍隆を導入のつど末端を変更するだけで可能なので、GE3値に問題が無ければそちらの方法でいく予定です。

先日、3本の龍隆の1本を貸し出した時、手元にあったオヤイデのBLACK MAMBA-αに差し替えて見たのですが、1本、他のメーカーが入った状態では、そちらの傾向に押され、オーディオ的なハイファイ調な音になり、音楽が聴けない状態になりました。我が家のケーブルは圧着でフジクラのケーブルを使っているので、同じフジクラのケーブルを加工して作ったケーブルに戻した所、オーディオ的なきつい音がとれ、いやな感じもなくなりました。
他社のケーブルとGE3のケーブルが混在した状態は良くない結果となる事もあると言うことでした。
機器に直接効く電源のことなので、龍隆を体験したら、すべて交換したくなりますが、何せ機器の数が多いのが悩みの種です。
それでも、今年は、随時変えていきますので、お楽しみに。







p-0692925 at 00:08|PermalinkComments(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: