2009年11月

2009年11月29日

テレ サテン 弐(noise seat tele saten two)

P1010246本日はWindows7(64Bit)のオルフェウスで楽しむ予定でしたが、PCを起動させるとサウンドの認識がはずれ、見事にオルフェウスのドライバーが当たらないので、再度、削除、インストールすれば動くのですが、Windows7でのオルフェウスはあきらめました。サポートにはメールしましたので、そのうち解答が帰ってくることP1010248でしょう。当分Vista(64Bit)からはまだ離れられないようです。
そこで気持ちを入替、続々と到着しているGE3グッズで遊ぶこととしました。
発売間もない商品から試してみました。
電磁波の防御と吸収する機能が特徴のテレ サテンです。二枚入りなので末尾に弐の文字が入っています。
オルフェウス、プリ、チャンデバ、パソコンの天板へ2枚づつ、ルビジウム、プレクスター2へは各1枚の設置です。
2枚設置のつど、SNが上がるのがわかります。
テレ サテンはテレビのコマーシャルの「どんどん防虫」、「どんどん防虫」みたいな感覚で、すべての装置に必要そうなので、悩ましいです。
それにしても、終わりのない旅はまだまだ続きそうです。
パソコンにも秘密兵器をさし、車の方も設置をすましましたが、車の方のグッズは近場の温泉までのドライブで高速は走ってないので、寸評は差し控えますが、CDの音質が良くなり、エンジンのレスポンスもすばらしく、雲泥の差を感じました。
P1010223SAAB 9-5は、地球独楽とショックアブソーバーへのQシートを半分にカットした物を1本に2枚ほど貼り付けたので、超結界無しの状態でも、乗り心地とハンドリングがかなり改善されています。
本日のGE3体験グッズの中でも一番はパソコンに挿した物で、想像以上で、なんともまろやかになる麻薬の様な心地よい聞き応えです。
風邪を引いていても温泉でのサウナと水風呂が止められませんが、次男坊の新型インフルエンザがうっつたのか、夜になりのどの痛みと発熱もしてきましたので、今日は水分補給をして早々に寝ることといたします。
昨夜少しだけでしたが、Windows7(64bit)のオルフェウスの音もよさげでしたので、ミックスウェーブのサポートの連絡を気長に待とうと思います。



p-0692925 at 22:46|PermalinkComments(0)Ge3 

2009年11月28日

Windows7

P1010240Vista(64bit)の再生環境は残し、Windows7(64bit)を別のハードディスクへインストールし、CUBASE ST5を入れ、オルフェウスをインストールしたのですが、オルフェウスがどうも認識されないので、しばし放置していました。
仕事も一段落してきたので、Windows7(64bit)での音も確認したく、本日はオルフェウスのドライバーを削除してから、再度オルフェウス・ドライバーのインストールです。
今回はオルフェウスの電源は入れた状態で、パソコンへ接続する1394のコネクトは抜いた状態で、インストールです。
インストール途中で、1394のコネクターをパソコンに挿す指示があるので、オルフェウスの電源はオンの状態で挿して先に進むと今回は見事認識されました。
CUBASE ST5もオルフェウスもWindows7(64bit)に問題無く対応です。
Vistaベースですが、バックで動くプロセスがかなり少ないWindows7なので、鮮度が上がるだろうと思っています。
音の方は明日じっくり確認してみたいと思います。

p-0692925 at 22:58|PermalinkComments(0)PC | Ge3

2009年11月03日

地球独楽でワインディングロード

P1010217陶器とハーブティーの買い込みで、魅惑の里までドライブです。
もちろん私の目的は地球独楽の確認です。
山間部の鹿野インターまで、山道を駆け上がりましたが、地球独楽の追従性はすばらしいです。
以前と比べてハンドルのステア操作がシビアP1010218になりますが、ハンドルに伝わるダイレクト感が強まり、きった方向へすなおに追従してくれます。
路面のうねり、状態も良く伝わり、ショックがよく動作してくれているのが感じられ、路面との一体感が強まります。
足回り、ショックが弱いと能力を生かせきれないかも知れません。
P1010185鹿野より中国道に上がりましたが、山陽道と違いガラガラです。
アクセルの踏み込みに合わせて、矢のように進んでくれます。今までは、路面の追従性が今一弱いかなと感じていましたが、地球独楽を装着してからは、少し緩い乗り味のサーブが、シャープな乗り味に変化しています。
P10101943.2kmほどの長い直線トンネルで、加速して見ましたが、ハンドルについてくる感じと言いましょうか、乗馬で手綱を握っている感覚で、アクセルの踏み込みに合わせて、車の挙動が手の内で操作出来る感覚です。
地球独楽はマッチ箱程度の小さな物ですが、効果は本当にすばらしいです。


p-0692925 at 22:26|PermalinkComments(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: