2008年10月

2008年10月31日

雲泥と大地5

97db7f1b.JPG雲泥を大地無しでつかったら、どうなるかと思い比べてみました。
まずは、大地の上に乗せた状態で、CD-Rの鉛の重しをのけて見ました、音が軽くなり、制動が弱まります、特に低域の出方が弱まります。
次に、大地をのけて、雲泥だけの状態ですが、高域はさほど変化はありませんが、中低域の出方が、ゆるくなりました、大地+雲泥が10とすると7位の感じです。
次にそのままの状態で、礎と交代してみました、また一段と音がほそる感じです、
中低域の押しが弱まり、こじんまりとなります、音楽の躍動感がなくなります。
雲泥と礎を比べたら、比較になりませんでした。
結論としては、今のワクワクする音は大地と雲泥の相乗効果のポイントが高いですね。
雲泥単体使用もインシュレーターとしての効果をかなり発揮してくれますが、大地との組み合わせが最良の結果をもたらしてくれているようで、大地、もしくは公開版大地の使用を強くお勧めしたいと思います。
雲泥の追加製作もきまったようですが、20セットの予約も2日で達成したので、残りの在庫も製作が仕上がる頃には、無くなっているかも知れません。




p-0692925 at 23:24|PermalinkComments(2)Ge3 

2008年10月30日

雲泥5

de031574.JPGとんと出番が少なくなった、X-01をメインの棚よりよけて、今の主役のCD-RとWadiaのトランスポートを仲良く大地の上に設置してみました。
それにしても、2,3日経過した後の雲泥は、音の深みが増し、ゴリッとした音が出てきて、そうそうこの音は以前使っていたWadia21のような、図太い音で、録音があまり良くないCDをかけても、聞き込める音が出てきます、ソフトを選ばない音です。
大型SPから出てくる、包容力タップリの低域が、ELACから出てくるのには、参ります。もう雲泥で舞い上がっています。
雲泥は本来その上の装置の脇役でありますが、ここまで、装置に活を入れてくれるインシュレーターは、他にないのではと思います、正にGE3値が128Pの限定商品です。


p-0692925 at 23:36|PermalinkComments(2)Ge3 

2008年10月26日

雲泥(うんでい)5

雲泥大地があれば、インシュレーターはさほど問題無いだろうと思い、礎を使っていたのですが、Mt.T2さんとお話ししていたら、大地の上にのせても効果が凄いとのこと、これは、後が無い物かも知れないと、なんとか雲泥を1セット、確保と言う次第です。
遅ればせながら、その効果を試してみました。
回転系の振動が一番だと、値段の逆転を感じつつ、CD-R雲泥の下の礎を雲泥へ入れ替えて見ました、瞬時、情報量のアップ、音の厚み、奥行き、上下、細かな粒立ち、すべて雲泥の差、SPの周りの音空間が2倍になった様な感じです。時間の経過と共に音もさらに安定してきますし、久々に効果の凄さに、感動しました。
あっという間に品切れとなったとのことですが、次回ロットが早く販売されることを祈るしかありません。


p-0692925 at 16:21|PermalinkComments(6)Ge3 

2008年10月25日

Wadia 170i Transport5

5c12b636.JPGi-Podでもいけると早瀬文雄さんのサイトに刺激され、本日クラッシック120GBとWadia 170i Transportを手に入れました。息子のi-Podを以前さわっただけで、ヘッドフォン物に興味がわかずにいましたが、オーディオ装置と純粋に接続出来、音質もすばらしいとのことで、GE3の羽田さんにもお聞きした所、Wadia 170i TransportはGE3の倶楽部員であるとのこと、早速在庫の在るショップを探し、仕入れてきました。
i-Podはメモリータイプの方が良いと、羽田さんが教えてくださったのですが、WAVで取り込む必要があるので、すでに容量のあるハードディスクタイプのクラッシック120GBを注文済みでしたので、息子のアイポッドタッチと後日聞き比べて見ると言うことで、本日は容量のあるクラッシックでの再生音はいかがなものかと言うことです。
そもそもiTunesもあまり使った事がなかたのですが、WAVにて読み込みWadia 170i Transportで再生してみました、DACはDAC64MK2です。なかなかの音質です、スムーズに音が解放される感じです。これは、オーディオマニアも納得の音質です。
Wadiaの取説にもWAVが最もクオリティが高く、次に可逆圧縮方式のApple Losslesが推奨されていました。
PCオーディオと比べてみましたが、やはり、10MHZのルビジウムとOCXで制御されたFireface400を経由した音にはかないませんでした。それでも、お気に入りの楽曲を簡単に取り込んだi-Podをセットするだけで、好きな曲が簡単に聴けるのもまたこれ楽しいです。PCオーディオには負けましたが、十分楽しめる装置です。
ゴールドムンドは外部クロック入力付きで発売されるでしょうが、このWadiaの音を聴き、これに外部クロックが入ることを想像するに、FF400のPCオーディオのシステムを超すには、むずかしいような気がします。
価格の手ごろな倶楽部員のWadia 170i Transportを早めに導入したのは、正解でした。



p-0692925 at 01:22|PermalinkComments(0)Wadia 170i Transport 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: