2006年09月

2006年09月27日

ストーンヒーラーと大地5

c879a1f9.JPGアポジーの足のアルミパイプの放射状振動処理は、忙しさにかまけて、まだ行っておりません。
飲酒運転の取り締まりで、夜間のお仕事の方も忙しくなり、日曜ごとの運動会で、日に焼けてくたびれ、眠気に襲われる日々が毎週続いたため、ブログの更新が遅れています。
今日はSPにつないだ、脈々の要石をストーンヒーラと大地の上での聞き比べをしてみました。

大地の外のストーンヒーラーに載せた時はノイズは取れた音になるのですが、音に勢いが無くなります。大地の上の方が圧倒的にパワフルです。大地の上へストーンヒーラをのせその上へ要石をのせて検証しましたが、大地とストーンヒーラーの効果がかぶるのか、音がなまりました。
大地の上にケブタを敷きその上に要石を載せた時が一番パワフルで、音が濃くなりよいですね。
我が家は、ストーンヒーラーを各装置に配置し、結界棒も5本配置しておりますが、29日のエンポケでのGe3のデモが、室内でのストーンヒーラーと結界棒の使い方を探るとのことなので、結果が楽しみです。
ホーンさん結果を教えてくださいね。(笑)


p-0692925 at 23:25|PermalinkComments(3)アポジー | Ge3

2006年09月11日

繭と丸5

84571ee8.JPG繭の中へ丸を入れて見ました。ひもがついいている上部の角より、剥がすと剥がしやすいです。
7個ほど仕込んでみましたが、けっこう剥がすのに力が入り、作業が終わってから親指の爪の痛みを感じます。
設置場所は、スピーカーの高域リボンの入り口へ各1個×2台、ベリンガーの電源トランスへ各1個×4台、DAC64MK2の下へ1個。
音の変化は、低域の再生限界を高めてくれ、リボンの特有の滲みがとれていきます。全体的にますます、ピュアな音になります。

当方のアポジーはリボンスピーカーの特徴であるふわりとした音のイメージは、Ge3化が進むにつれだんだんと無くなり、低域の土台ががっしりとした音に変化しております。

ご指摘のありました、アポジーの足のアルミパイプチューンの改良はまだ実行しておりませんが、ついたての様なアポジーは、設置の部分の振動処理を改善することで、まだまだ、変わりそうです。




p-0692925 at 00:43|PermalinkComments(1)アポジー | Ge3

2006年09月08日

脈々オーディオ用5

1aad8b19.JPG脈々オーディオ用を前バージョンの要石延長ケーブルと交換してみました。
今回は1本なので、DAC64Mk2につながっているアーシングブースター5個へ交換接続してみました。
ウォーこれは、車に脈々をつけた時に感じた様な強力なパワーアップ感です。
バックノイズが一段と低くなるのですが、音楽の躍動感は、栄養ドリンクを飲んだ如く
のパワーアップ、想像以上の効果で、旧要石延長ケーブルの2倍は効いているような感じです。
次回はプリとCDPの要石延長ケーブルも脈々と交換する必要がありますね。
いつもながら、新しいGe3グッズは絶対の自信を持って開発されているので、想像以上の効果にノックアウトです。これだからGe3化はやめられません。



p-0692925 at 22:44|PermalinkComments(3)アポジー | Ge3

2006年09月03日

繭と丸と礎5

a64bf2fc.JPG丸の効果がはっきりと確認できました。繭と丸とを合わせると相乗効果が期待できるとのことで、スピーカーの礎の上のスパイク部へ丸と繭を添えてみました。
アタックの音が鋭くなり、音のスピードが上がりました。Ge3チューンが進んだ我が家のシステムでは思ったほど丸の効果を感じることができなかったのですが、あらためてスピーカーのセッテイングの重要性が確認出来ました。
丸と繭のお勧め設置場所です、礎と一緒にセットしてみてください。


p-0692925 at 21:21|PermalinkComments(4)アポジー | Ge3
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: